不動産を売買したいあなたをサポートする情報サイト

その修繕、本当に必要?

家の傾きには、予想外の修繕費が

家を売る前に修繕をするべきかというと、必ずしもそうというわけではありません。

例えば、家そのものが傾いている場合、修繕をしようとすると、最低でも100万円は必要となってきます。地盤が沈下している場合は、傾きを是正することすら、ほぼ不可能です。
価格を下げて売ったとしても、最終的に買い手が自費で修繕しなければなりません。家の傾きを修繕するための高額な費用を思えば、割が合わないと買い手が考えて、買い控えされることがほとんどでしょう。

他に売る前に修繕しなくてもいいケースとして、買い手が買った建物を、こうしたい!という理想の形を持っている場合、修繕やリフォーム自体がムダになってしまいます。そのような買い手は、破損した箇所が直っていなくとも、安価で手に入る物件を探しているでしょうから、修繕など手を入れないほうがよいでしょう。

古い家の雰囲気をアピールポイントに

例えば修繕をしなくても、人が住んでいた後の建物には、新築にはない、独特の香りや人が住んでいた中古物件ならではの温かみがあります。そうしたものをコンセプトとして売却することで、売り手がつくケースもあるようです。周囲の環境などを込みで考えたライフプランを買い手にアピールするのです。

とは言え、実際、あなたが家を買いたいと思って、内覧に行った際、壁紙がめくれていたりしたらどうでしょうか。壁がへこんでいたり、畳がボロボロだったりしたら、あまり印象はよくないのではありませんか。
そうした老朽化した状態が見えると、買い手の購買意欲も落ちてしまいます。

大がかりな修繕をせずとも、最低限、簡単なものは自分の手なり、業者に依頼するなりしてやっておいたほうがよさげですね。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ