家を売却するなら修繕は済ませておくべき?

不動産を売買したいあなたをサポートする情報サイト

あなたの家、どこか不具合はありませんか?

人はいつなんどき、自分の持ち家を、どのような事情で手放すことになるかはわかりません。
よりよい住宅環境を求めて引っ越すため、経済的に困窮しているため、親から相続されたが住まないため。
そう言った時に気にかけなくてはいけないのが、家の修繕です。まだ建てて間もない築年数の浅い物件ならば、それほど気にする必要もないでしょう。しかし、築年数が10年を越えてくると、建物のあちらこちらが老朽化してきます。
買い手に気持ちよく納得のいく形で、あなたの家を買ってもらいたいと思うなら、家をきれいにしておいたほうがいいはずです。

買い手の気持ちになって考えてみてください。天井に穴が空き、壁のクロスがはがれ、雨どいや門扉の蝶番が壊れている家を買いたいと思いますか?
上記に挙げた例は極端ですが、例え、それらを買い手自身で直す契約だったとしても、物件の第一印象はあまりよいものではないでしょう。

壊れている箇所は目に見える場所だけとは限りません。土台や柱、梁や屋根裏といった建物の耐久性に関わるところに異常があった場合、買い手を命の危険にさらしてしまいかねません。
かと言って建物を綺麗にするには、それなりのコストがかかります。
ましてや、劣化、破損、不具合を修繕するとなると、業者に依頼する必要があり、費用がかさみます。
そして、それらを建物の売却額に上乗せできるかというと、必ずしもそうとは限りませんし、もし、上乗せできたとしても、額が上がれば必然的に買い手も見つかりにくくなることでしょう。

どこを修繕して、どこを買い手に委ねるのか、それを見極める必要があります。


ページの
先頭へ